image photo

QUALITY

美しさと機能性を兼ね備えた、
上質な設備の数々。

KITCHEN

  • 全戸食器棚標準装備

    食器類などを収納するのに便利なパントリー付きの食器棚を全戸に標準装備しています。

    ※6Fのみカウンタートップの石が異なります。

    • 食器洗浄乾燥機

      手洗いに比べ節水効果が高く、省スペースで食器が出し入れしやすいビルトイン引出しタイプです。

    • ガラストップコンロ

      美しさと衝撃への強さに優れ、すっきりと魅せるフラットトップ。手入れしやすい上質なコンロです。

    • 浄水器一体型シャワー水栓

      美味しい水を届ける浄水器一体型。引き出して使えて便利です。

      ※カートリッジは別売。6Fのみ、タッチレス水栓・カウンタートップの石が異なります。

    • 静音シンク

      大きなお鍋も洗いやすいワイドなシンク。静音機能付で水の跳ね返り音を低減します。

  • 天然御影石カウンタートップ

    カウンタートップに天然御影石を採用。デザインに優れ、自然な模様がキッチンを引き立てます。

  • ソフトクローズ機能付収納

    引き出しは、ゆっくりと閉まるソフトクローズ機能付きです。

    ※6Fのみカウンタートップの石が異なります。

  • 包丁差し

    シンク前のデッドスペースを活用して取り出し易い便利な包丁差しを設けました。

POWDER ROOM & BATHROOM

  • ボウル一体型洗面カウンター

    継ぎ目のないカウンター一体型の洗面ボウルを採用。汚れやカビが発生しにくく、お手入れも簡単です。

  • 三面鏡収納

    三面鏡の裏側には、小物や化粧品等の収納スペースをご用意しました。

    ※6Fのみ、下部照明付・三面鏡収納下部の仕様が異なります。

  • シングルレバー混合水栓

    片手で使える引き出しタイプでお掃除簡単。お湯のムダをカットするエコ仕様です。

  • ヘルスメータースペース

    洗面化粧台下のデッドスペースを有効活用した収納です。

  • 洗面袖キャビネット

    洗面化粧台下部の引き出し収納は、ゆっくりと閉まるソフトクローズ機能付きです。

  • ドライヤーBOX

    収納扉の内側には、ドライヤーを入れるBOXを設けました。

  • サーモバスS

    お湯を冷めにくくするため、浴槽に保温材と保温性の高いフタを採用しました。

  • スイッチ付エコフルシャワー

    少ない水量でも強力なシャワー。手元で吐水・止水でき最大48%節水します。

  • TES浴室暖房乾燥機

    雨でも洗濯物が干せる便利な浴室暖房換気乾燥機を採用しました。

  • 浴室床

    水はけのよい素材と独自の形状で、水たまりを防ぎます。

    ※使用状況により水が残る場合があります。

  • くるりんポイ排水口

    排水時の水の流れを利用して髪やゴミがまとまり、簡単に捨てられる形状の排水口です。

  • ランドリーパイプ

    浴室内には、雨の日などに室内でも洗濯物が乾かせるように、ランドリーパイプを設けました。

Amenities

  • TES(ガス温水式)床暖房

    足元から室内を暖めてくれる床暖房を設置しました。ホコリをたてることのないクリーンな暖房方法です。

  • コンセント高さ

    コンセント位置を高くすることで、屈み込む量を減らし、楽な姿勢で使えるように配慮しました。

  • マルチメディアコンセント

    インターネット・テレビ・電話の各回線と電源を1つに集約したマルチメディアコンセントを各居室に設置しました。

  • 概念図

    複層ガラス

    2枚のガラス間に乾燥空気層を設置することで断熱性を向上。冬場などに起こる不快な結露も軽減。

  • トイレ手洗い

    トイレ使用後にその場で手を洗える便利な手洗い器を設置しています。

  • トイレ手洗い下キャビネット

    手洗い器台下部には、小物やトイレ用品等を収納できるスペースをご用意しました。

  • Image photo

    ペットの飼育も可能

    ご家族の大切な一員であるペットと一緒に暮らしていただけるペット対応マンション。

    ※ペットの飼育については管理規約に従っていただきます。

  • 24時間ゴミ出し対応

    ゴミの収集日や時間を気にせず24時間いつでもゴミ出し可能です。

    ※粗大ごみ等一部のごみを除く

  • Image photo

    宅配ロッカー

    ご不在時に届いた宅配便を保管しておく宅配ボックスを設置。お荷物は24時間いつでも取り出し可能です。

  • エコジョーズ

    熱効率を高めることでガスの使用量を低減する高効率給湯器「ecoジョーズ」を導入。環境と家計の両方に配慮しました。

  • Image photo

    高速インターネット「UCOM光」

    光インターネット サービス「UCOM光 レジデンス」が全居室に標準装備。24時間常時接続の高速インターネットがご利用いただけます。マンションまで光ファイバーを引き込み、各居室まで最大1Gbpsの速度の高品質・安定した通信環境をご提供します。

    ※ベストエフォート

Security

  • オートロックシステム

    来訪者を、各住戸内のカラーモニター付インターホンで確認し、オートロックを解除。音声と映像で確認できる防犯性の高いセキュリティシステムです。

    概念図

  • 24時間体制で安全を見守る[セコム・ホームセキュリティ]

    共用部、管理員室・住戸内で異常が発生し制御装置が信号を受信すると、メインコントローラー経由でセコムのコントロールセンターに自動送信。緊急対処員に現場急行を指示し、該当する住戸または管理員室に確認の電話をします。独自訓練を受けた安全のプロが、状況に応じて適切に対処。コントロールセンターでは状況確認後、必要に応じて110番・119番、ガス会社、緊急連絡先などに通報します。
    ※セコムのコントロールセンターおよび緊急対処員による対応は、セコムの機器が異常を感知した場合に限ります。

    概念図

    • Tebraキー

      Tebraキーを身につけて、エントランス(風除室)のTebraリーダの前を通過するだけで、センサーが検知してオートロックを解除できます(最大約2m)。利便性とセキュリティ性の向上を両立したハンズフリーシステムです。小さなお子様連れや荷物が多く両手がふさがっている時などもたいへん便利です。

    • 参考写真

    • 概念図

  • TVモニター付きインターホン

    エントランス(風除室)の来訪者を住戸内に備えたインターホンから画像と音声で来訪者を確認できます。

  • 玄関前カメラ

    各住戸玄関には、モニターで来訪者や外部の様子を確認できるカメラを設置しました。

  • 防犯センサー

    センサー作動中に玄関ドアやサッシが開けられるとインターホンから警報音を発し、警備会社に自動通報します。

    ※6Fのみ玄関扉の色が異なります。

  • 概念図

    ディンプルシリンダーキー

    玄関ドアは、約5兆5千億通りもの鍵違い数を実現し複製が困難でピッキング対策に有効なシリンダーキーを採用。

  • ダブルロック

    シリンダーを玄関扉の上下2ヶ所に設置することで、防犯性を向上させるダブルロックを採用。

  • 鎌デッドボルト

    玄関ドアには、バールなどによるこじ開けに対して強い抵抗力を発揮する鎌デッドボルト錠を採用。

  • 防犯サムターン

    「サムターンまわし」による不正解錠を防止。内側から操作しないと開けられないスイッチ式サムターンを採用。

  • 防犯カメラ

    敷地内の要所に防犯カメラを設置。録画した映像は管理員室で一定期間保管されます。犯罪の抑止効果を発揮します。

  • 可動式ルーバー面格子

    共用廊下に面した窓には、侵入を防ぐ防犯性の高い面格子を設置しました。

    ※一部除く。6Fのみ、サッシの色が異なります。

Structure

  • 基礎概念図

    基礎構造

    ボーリング調査結果をもとに、支持層に達する既製杭を貫入させています。これにより通常時には、建物をしっかりと支え、地震時には地震に抵抗しうる強度と剛性を確保しています。

  • 概念イメージ図

    かぶり厚

    かぶり厚とは、コンクリート内の鉄筋からコンクリート表面までの寸法です。このかぶり厚を『かぶり厚確保用スペーサー』を用いて確保することで、コンクリートのアルカリ性質が鉄筋の酸化を防ぎ、耐久性を確保しています。

  • 概念図

    ダブル配筋

    床・壁の鉄筋は必要に応じてダブル配筋にすることによりひび割れしにくくなり耐久度がシングル配筋に比べて高まります。

  • 概念図

    溶接閉鎖帯筋(一部除く)

    溶接閉鎖型の帯筋とは、あらかじめ工場で帯筋を溶接することによって、重ね継ぎ手のない形にして主筋を束ねたものです。一般の工法の帯筋を使用したものに比べて耐震性を向上させた構造になっています。

  • 住宅性能評価検査(建設住宅性能評価)

    住宅性能評価検査とは、国土交通大臣指定の検査機関による品確法(住宅の品質確保の促進などに関する法律)の『住宅性能表示制度』に基づく検査です。建物設計時に設計住宅性能評価を受けているので、その評価を受けた性能どおりに現場が施工されているかどうかを評価機関の評価員が検査をします。竣工検査を含め計5回行われます。

    • ボイド床版工法

      ボイド床版工法により、強度を保ちながら小梁を無くし、天井面をスッキリとさせて広々と感じる内部空間を実現します。(※一部の床版を除く)

    • 概念図

    • コンクリート工事

      配筋と型枠を施工するといよいよコンクリートの打設となります。コンクリートは建物に加わる圧縮の荷重を負担しており設計基準強度33〜36N/mm² (ニュートン・1N/mm² ≒100t/㎡)のコンクリートを使用しています。実際の打込みの時には150m3ごとに3台のミキサー車からコンクリートを採取し、フレッシュコンクリート試験を行い圧縮強度試験用に供試体を作成します。圧縮強度試験では打設日から1週間後(7日)と4週間後(28日)の2回、この供試体の強度を検査機関において確認します。

    • コンクリート打設写真

    • 断熱材

      冬暖かく夏涼しいという快適さもさることながら、エネルギー源の使用を抑制することからも重要視されています。求められる断熱性能は地域等によって異なります。鉄筋コンクリート造のマンションなどでは、一般的には現場発泡ウレタン吹付などが使われます。

    • 参考図

※掲載の写真はモデルルームFタイプ(401号室)を撮影(2020年4月)したもので、家具・調度品類は販売価格には含まれません。