航空写真

明るさと、開放感と。

ここに住むすべての方に、光に包まれる
明るい暮らしを届けたいという想いから、
全邸南向きを実現。
また、敷地南側は第一種低層住居専用地域が
広がるために、圧迫感のない開放的な
暮らしをかなえます。
穏やかな空気が漂う住宅エリアのゲート的な
ポジションで、落ち着きある暮らしを。

敷地南側に第一種低層住居専用地域が広がる地。

「プレディア仲町台」の敷地南側は、第一種低層住居専用地域が広がる、邸宅地の入口。第一種低層住居地域とは、都市計画により定められた用途地域のひとつで、良好な住環境を保護するために、建築物の高さなどが制限されており、店舗や事務所などの建築も建てることができない場所。穏やかで落ち着きある邸宅地の空気を、いつも身近に感じながら、寛ぎ深い日々をかなえます。

航空写真

低層の住宅が続く地の、
開放感あふれる暮らし。

南向きにレイアウトされた空間の先に
続くのは、低層の住宅が連なり、
空が大きく高く広がる開放感あふれる風景。
南からの光をたっぷりと取り込むだけでなく、上層階からは爽快感のある眺望を楽しめます。
光と風を遮られることなく、圧迫感を感じる
ことのない、開放的な暮らしを届けます。

立地概念イラスト

テラスレストラン“FRESCO”m(約950m/12分)

  • センター南(約1,700m/22分)

  • 茅ヶ崎公園(約660m/9分)

  • サウスウッド(約1,580m/20分)

オシャレな街と、美しい緑景と。

ここに住むすべての方に、光に包まれる
明るい暮らしを届けたいという想いから、
全邸南向きを実現。
また、敷地南側は第一種低層住居専用地域が
広がるために、圧迫感のない開放的な暮らしをかなえます。
穏やかな空気が漂う住宅エリアの
ゲート的なポジションで、落ち着きある暮らしを。

  • グリーンマトリックスの美しき風景と、
    2つの街をライフステージに。

    「プレディア仲町台」が誕生するのは、横浜市営地下鉄ブルーライン「仲町台」駅より徒歩9分の地でありながら、便利でオシャレな「センター南」を自転車圏にする場所。そして、公園などの緑を結ぶ港北ニュータウンの街づくり「グリーンマトリックスシステム」を身近に感じることができるエリア。仲町台とセンター南、そして、多彩な緑景を自在にできる心地いい環境です。

  • 立地概念イラスト

  • センター南スキップ広場(約1,710m/22分)

  • 茅ヶ崎公園(約660m/9分)

  • 都筑中央公園(約2,190m/28分)

居心地の高さと、希少性の高さと。

港北ニュータウンであること、
駅徒歩10分以内であること、
全邸南向きの住まいであること。
住まいを探す際の条件や優先順位は、
人それぞれ多彩です。
「プレディア仲町台」の多彩な魅力を総合すると、希少性の高さをご理解いただけるはずです。

※マーキュリーサマリネットより(2020年1月調べ)

  • 住居系地域の、
    明るい住まいという希少性。

    この10年間の都筑区で供給された140物件の中で「駅徒歩10分以内」「住居系地域内」にありながら、「全邸南向き&南側が第一種低層住居専用地域」であり「全邸7m以上のワイドスパン」の物件は「プレディア仲町台」だけです。

  • 全140物件中わずか30物件の、
    立地的希少性。

    都筑区内で分譲された物件の中で「駅徒歩10分以内」でありながら「住居系地域内」に位置する物件は、わずか30物件。駅から近いだけでなく、穏やかな住環境を享受できる希少性の高い場所といえます。

  • 南からの光を最大限に活かした
    設計で唯一無二の希少価値に。

    「駅徒歩10分以内」で「住居系地域内」の30物件の中で、「全邸南向き&南側が第一種低層住居専用地域」で「全邸7m以上のワイドスパン」の物件は唯一無二。光を受け入れる工夫が、希少性を高めます。

※掲載の航空写真は現地周辺を撮影(2019年12月)したものに、CG加工したもので実際とは異なります。 また、現地の位置を表現した光は、建物の規模や高さを示すものではございません。周辺環境は将来にわたって保証されるものではございません。
※掲載の立地概念イラストは本物件の立地状況を説明するための概念図であり、地形・距離・建物の大きさ・位置等実際とは異なります。道路・建物等は省略・簡略化しております。また周辺環境は将来にわたって保証されるものではありません。
※徒歩分数は80mを1分、自転車分数は200mを1分として算出しております。